« 2017年8月 | メイン | 2018年5月 »

2018年4月に作成された投稿

2018年4月25日 (水曜日)

ライムの花

去年は全く実が付かなかったライムでしたが。(寒波で葉っぱが落ちてしまったので、花芽がしもやけ状態になり花が咲かなかった)今年は花が沢山咲いてくれました。

Dsc04641

レモンも重宝しますが、エスニック料理を作る時はレモンでは味が決まりません。

レモンが沢山収穫できるので、ライムの果実はないがしろにしていましたが、実際、収穫できなかった去年はとても不便しました。沢山収穫できたら、ちゃんと保存しなくっちゃね。

2018年4月23日 (月曜日)

満開のジャスミン

ジャスミンの花が咲き始めて、近くに寄っていくといい香りがしています。

春のファーム武岡は、梅の花に始まり、アンズ・プラム・

カリン・桃・サクランボ・キーウィ・柑橘類と香りの強い花を咲かせる果物が、次々に咲いています。

温暖化の影響で、ファーム武岡だけではなく、ご近所さんのアンズもここ数年、着果数が極端に少なくなっていたけど、去年の冬が寒かったせいなのか?今年は結構な量の収穫が見込めそうです。

Dsc04615

家に来た人が、この花は何ですか?と聞きます。

私が、「ジャスミンですよ」と答えると、「ジャスミンティーになりますか?」と聞かれますが、このジャスミンは羽衣ジャスミンなので、ジャスミンティーのジャスミンとは品種が違います。モチロン香りも全然違います。

ジャスミンティーのジャスミンが咲くのはまだ先の話です。

2018年4月22日 (日曜日)

東京ゴールドの花

キーウィの新しい品種に、「東京ゴールド」と言う品種がありあます。

Dsc04620

まだ実が付くほどの大きさまで育っていないので、実が付いても摘花して木を大きく育てる予定です。

20年以上前に植えた、ゴールド・キーウィ(本当の品種名は不明ですが果肉が黄色い品種です)は今年も花盛りです。

Dsc04618

一昨年は、収穫前に柿ドロボーにやられてしまって、手の届く範囲の柿は全滅状態でしたが、それに懲りてファーム武岡の入り口にロープを張って予防した結果、去年の柿は無事でしたが、今度はキーウィ泥棒が来ました。

丹精込めて育てているとは、とても言えない放任主義で育てている果物ですが、(肥料も・農薬も使っていないので)それでも泥棒さんにはがっかりです。

お願いだから、今年は泥棒しないでくださいね。

サクランボの実

ファーム武岡には、まだ実を付けていない苗木まで含めると、4本のサクランボの樹があります。

品種は、暖地桜桃(寒冷地でなくても1本で実が付きます)

Dsc04617

後の3本は、苗木を植えてからまだ3年目なので、収穫のお楽しみはもう2~3年先のお話になります。

暖地桜桃は親指の先位の大きさしかありませんが、(でも食べたらちゃんとサクランボの味がしますよ)他の3本は果物屋さんで売られている、佐藤錦と差がない位の立派な実を付ける品種です。

紅きらりとダークビュートの2品種3本が私の楽しみを増やしてくれる位、沢山生って欲しいのですが・・・どうなることかしら?

2018年4月21日 (土曜日)

無農薬だから

無農薬で野菜や果物を作っていると虫の被害があります。

柑橘類にはアゲハチョウが毎日卵を産み付けています。

Dsc04158

Dsc04157

Dsc04156

10年以上経った大きな木は多少の虫の食害は問題ないのですが、植えたばかりの幼苗は・・・あっと言う間に葉っぱが無くなって育たなくなります。

果物の木は鉢植えだと2~3年目から結果するけど、地植えだと5~6年経たないと実が生りません。

今までは、虫の被害が出てもお構いなしだったのですが、ヤッパリちゃんと育てたいので最近植えた苗木についた虫を見つけたら手で取って地面に捨てています。

地面に捨てた虫はまた木に登ってこれるのかな~?

ファーム武岡写真集

  • プラム (菅野早生)
    ファーム武岡の四季の紹介

いらっしゃいませ