普段の生活 Feed

2014年8月 9日 (土)

ハスと水連

去年、種をまいて蓮を育てていましたが、来年くらいから咲くかな~?と期待してしました。

所が嬉しいことに、今年つぼみが付いていて、花が開きかけていました。

Dsc02778 昨日の朝の画像ですが、台風が近づいている影響なのか?この後は開かずに閉じてしまいました。

同じ種を播いて育てているハスが玄関にもあります。こちらにもつぼみが付いていました。小さなつぼみです。どれくらいの大きさの蓮の花が咲くんだろうな?ちなみに、私の小指の先よりも小さなつぼみです。

Dsc02780

裏庭のプール(今はメダカが泳いでいます)を見たら、水連も咲いていました。

Dsc02781

2014年7月23日 (水)

サンプルーン

ファーム武岡の家庭果樹園には、私の趣味の果物がたくさん植えてあります。

その数100本くらい!!

今、実が生っているのは、サンプルーンくらいですが、このプルーンは植えてから5年目くらいでテッポウムシの被害で、枯れてもいいや!!!って地上50センチくらいの所から切り倒して、その後ようすを見ていたらだんだん生き返って、3年くらい前から実を付け始めた果樹です。

シュガープルーンの方は、樹勢は回復して来ましたが、まだまだ様子をみなければいけない感じかな~?

Dsc02774

完熟すると濃い紫色になりますが、スーパーで売っているプルーンを買って食べてみても、思ったほど美味しくないんですよね。

ドライフルーツのプルーンは超が付くくらい甘いのに、フレッシュのプルーンは酸っぱいと言うか・・・えぐみがあるような・・・

Dsc02777

プルーンの木の後ろは、シルバーさんに草刈りをしてもらってからまだ2か月たっていませんが、もう人が通れない位の高さまで雑雑草が伸び放題で草が生い茂っています。

去年は草払いを頼んでいなかったので遠くからプルーンを眺めただけだったけど、今年はシルバーさんが草刈りをしてくれた後の雑草が生えた果樹園を、弟が我が家のベンツで(イセキの大型トラクター)で、走ってくれたので果樹の収穫はできそうですが、プルーンってあんまり美味しくはないんだよね~・・・。

何か美味しい果樹の苗を育てて、差し替えようかな~?

2014年6月25日 (水)

露茜(つゆあかね) 

 数年前から、梅の新品種で、露茜という品種を種苗登録される前に予約を入れて育てています。一昨年から満開の花が咲き始めて、今年から本格的に収穫できるようになりました。

市場ではまだ流通していない梅なので知らない人が多いのですが、完熟すると種の周りまで真っ赤になる珍しい梅です。

大きさも南高梅の3Lサイズよりも大きい梅が生ります。

Dsc02706_2 包丁で半分に切ってみたらどのくらい真っ赤な実かよくわかります。比較のために南高梅も一緒に切ってみました。

Dsc02738 完熟の南高梅と一緒にジャムを作ります。

Dsc02722 

Dsc02739

口当たりをよくするためと、自分の好みで南高梅も露茜も皮を湯むきしてジャムにします。

今日の作業は皮をむいて5分煮込むところまでです。

続きは明日・・・。

ちなみに露茜で作っているのは、梅酒・梅ジュース・梅味噌とお試ししています。

2014年3月12日 (水)

紅ボンタンを使って

Dsc02438_1_2

冬の保存食作りの中で、漬物は母に任せて、私はジャム仕事やグラッセ仕事に大忙しです。

樹上で完熟した柑橘類が落下して、あたり一面いい匂いがしています。

今日の仕事は紅ボンタンの皮を使ったピール作りです。

紅ボンタンの紅の濃さは皮をむかないとわかりません。

Dsc02432_1

Dsc02433_1_2

他の紅ボンタンを2つ割りにしてみました。こんな色の果肉です。

Dsc02435_1

文旦類は皮が分厚いのでピールを作るのは簡単にできます。

先日、紅甘夏のピール作りで紹介したように、茹でこぼしで苦み抜きをするのですが、ボンタンの皮は意外に苦みが抜けやすいので、苦みを残したピールにするなら茹でこぼしをするときに気を付けてくださいね。

今回は、お砂糖を加えて煮詰めたあとにオーブンで軽く乾燥させて、セミドライに仕上げました。お砂糖はまぶさずに仕上げました。

Dsc02466

同じ木に生っていた紅ボンタンなのに、紅の綺麗なピールもあるし、紅の付いていない黄色のピールもありますが、これは好き好きですね。

 

続きを読む »

2014年1月30日 (木)

樹上完熟 (紅ぼんたん)

柑橘類を含め、家庭果樹園で育てている果物は、樹上完熟してから収穫しています。

この季節、そろそろ柑橘類が樹上完熟して落下し始めました。毎朝、落ちた実を拾いに行っています。

Dsc02410_1

これは紅ボンタン(果肉がピンク色の文旦)です。わざわざ出水まで苗木を買いに行ったんですよ。植えてから14~5年経ったかな?なにも手入れしていないのに、毎年豊作ですよ。

Dsc02411_1

手のひらと比べるとその大きさがわかりますよね。1玉1~2キロ前後の実が生っています。 皮が分厚くて数か月そのままにしていても皮をむいたら普通に美味しく食べられます。

柑橘類のジャム(果肉だけ使って作る場合)で、一番美味しいジャムに変身するのが、この紅ボンタンですね。

Dsc02425

どの枝も、こんな感じに重さに耐えきれなくて地面近くまで下がって来ています。

続きを読む »

2014年1月29日 (水)

年に1度の旬を頂く

家の畑には自然に生えている物が沢山あります。

ふきのとうも楽しみの一つです。今年はチョット早いかな?気が付いたら立派に開いていた・・・早く天ぷらにして食べなくちゃ(笑)

Dsc02409

今年のふきのとうは早いし、大きいし急いで下ごしらえをして冷蔵庫に入れました

夕方、エビと茄子とさつま芋とメインのふきのとうを天ぷらにして、今回は2人分で大根1本を使った大根おろしで食べたので、サッパリしていくらでも食べられちゃいました。

年に1度だけ旬を食べるものは他にもありますよ。お茶の新芽が出てきたらこれも小海老と天ぷらにしたり、野蒜がでたら酢味噌で頂いたり、私は旬を1回だけ食べるのが大好きです。

畑の果樹たちも春が近いことを知らせてくれています。

Dsc02413

遠目ではわかりにくいので、近くで撮ってみました。

Dsc02412_1

後1~2週間したら花が開きそうですよ。今年も豊作かな~ happy01

続きを読む »

2014年1月21日 (火)

あまり物でも立派に変身!

先日は、香港家庭料理教室で使うオレンジコンフィを作りましたが、オレンジコンフィは輪切りのオレンジで作ったので、オレンジの輪切りを作る時に切りそこなった部分や、残った上下を使って、オレンジマーマレードを作って持っていきました。

Dsc02352_1

丸ごとのオレンジを煮た後に切り落としているので、すでに少しは柔らかくなっています。

Dsc02356_1

ヘタとお尻の部分だけですが、極上マーマレードができますよ。正味量を量って60%くらいのお砂糖を準備します。最初に30%のお砂糖を加え5分くらい煮てピッチリとラップして空気に触れないようにして一晩おきます。 翌日、残りのお砂糖を加えて皮が好みの柔らかさになるまで煮て(このままでよければ煮なくてもOKですよ)

ラップをしてさらに一晩寝かします。さらに翌日バーミックスで好みの大きさにつぶして、香りを付けるためにクローブ・カルダモン・ピンクペッパーを加えてひと煮立ちさせたら出来上がりです。

Dsc02372_1

香辛料を足して香りを付けたジャムやマーマレードは、すぐに食べないで半年くらい寝かせてあげると、香りが強くなってまた違った美味しさに変身します。

お砂糖をじっくり含ませるために、一晩寝かすを繰り返していますが、冷めたらすぐに次の作業に入っても構いませんよ。こだわらなければ1日で出来上がります。

これから晩柑の季節がやってくるので、レモン・金柑・シークワーサー・スイートスプリング・サワーポメロ・甘夏・八朔・紅ボンタン・チャンドラポメロ・・・と、家庭果樹園で収穫できる柑橘類で趣味の保存食作りが忙しくなりそうです。

今年も豊作でありがたいですね~

続きを読む »

2014年1月17日 (金)

バレンタインの下準備 オランジェット

香港家庭料理教室で作る予定の、オランジェット用のオレンジコンフィを乾燥してみました。

予定では明日あたり乾燥させようかな?って(糖度が足りなかったので)、そこで、とりあえず数枚だけ乾燥してみました。

Dsc02378

太陽に透かして見たら、もっと綺麗なはずだけど、蛍光灯の光でも十分綺麗ですよね。

オレンジコンフィのシロップの糖度を糖度計で調べたら、まだ65度くらいだったので、糖度を80%まで上げるには後1日は必要ですね。

すぐに食べるのであれば糖度は30%~50%くらいでもいいのですが、瓶詰にして1年中いつでも使えるようにするには糖度を80%くらいにしておけば、ケーキでもパンでもソースでも、何にでも使いまわしが効くので、私は80%の糖度にしてます。

明日は、チョコレートをテンパリングしてオレンジコンフィにコーティングします。

ユミホーの担当のTさんに、いつもお世話になっているので、お礼がてら義理チョコ用に作って持っていこうかな?

続きを読む »

2014年1月16日 (木)

スロージューサーでケールジュース

ここ数日、忙しさにかまけて朝の習慣を手抜きしていたら、なんだか気のせいか?調子が悪いような気がしてたので、今朝は気合を入れてケールの青汁を絞りました。

Dsc02362今朝はケールを5枚取ってきました。霜で凍っていましたが寒さをこらえて収穫です。

Dsc02363ブレンダーで攪拌して、流行りのグリーンスムージーにするのなら1/5枚でも十分ですが、私は絞って青汁にしています。5枚分だと1回100ccで5回分くらいあるので、絞り汁をペットボトルに入れてチョビチョビ飲んでいます。

Dsc02366レモンとリンゴも一緒に絞っています。葉っぱ物は絞れるジュースが少ないので、リンゴやミカンなどの水分の多い物を芯にして巻いて絞ると効率的にジュースが絞れますよ。

Dsc02368絞りカスもモッタイナイような気がしますが、我が家は幸いにも家庭菜園をしているので、そのまま畑にポイッって捨てています。

ブレンダー(ミキサー)で攪拌してグリーンスムージーを作っている人が、「食物繊維は要らないの?」って言ったけど・・・「スロージューサーで絞ったジュースにはブレンダーで攪拌したジュースと違い、酵素が生きたまま入っているし・・・水溶性の食物繊維は十分入っていますよ」って言いたかったけど、友達はスロージューサーを使っていないので余計な事は言わなかった・・・。いつも1言・2言多くて失敗が多いので・・・(苦笑)

明日は、オレンジコンフィの使わない部分をビター・マーマレードに仕上げる予定です。

続きを読む »

2013年12月17日 (火)

シフォンケーキ

昨夜は晩御飯が済んでから、今日の朝ごはん用に蜂蜜レモンシフォンケーキを焼いていたので、朝からケーキです。

丁度、メレンゲとレモン生地を混ぜるときに、主人から国際電話が入り、「悪いけど、ケーキ作っているからまた電話してね」って断って coldsweats01 

家庭菜園のレモンが豊作で、毎日のサラダドレッシングは添加物なしの、レモン汁とレモンの皮に塩コショウとオリーブオイルだけのシンプルドレッシングを作っていましたが、グリーンレモンが終わって、いよいよ黄色のさわやかなレモンが収穫できるので、いつものシフォンケーキにレモンを入れて作りました。

Dsc02277

ケーキを型から外して画像は撮ったのに・・・カットしてカスタードクリームと蜂蜜レモンの輪切りを添えた画像は、食べちゃってから思い出しました・・・

シフォンケーキの王道はプレーンですが、たまに食べる抹茶や紅茶やレモンは美味しいですね~ heart04