自家製色々 Feed

2012年11月18日 (日)

KINGDOM情報と、紫キャベツジュース

今夜は、KINGDOMで、夕方6時30分から、弟たちのコンサートがあるので、お昼がすんだら早めにお夕飯の準備をしなくちゃ!

Mangrove Cherry LIVE 6時開場で当日券もまだあるそうですよ!

キャベツのジュースは、色が綺麗で大好きです。

今日はグレープフルーツと合わせてみました。

Dsc00350

2012年11月17日 (土)

キャベツジュース

農家の直売で綺麗なキャベツを買ったので、家に帰ってすぐにキャベツジュースを作りました。

Dsc00351


食材は、キャベツ・人参・グレープフルーツ・里芋・生姜です。

Dsc00352
里芋を入れるとジュースにとろみがついて、体に良さそうな気がします。

それにしても、綺麗なビタミンカラーですね。

2012年11月13日 (火)

酵素たっぷり 里芋ジュース

最近、酵素が話題になることも多く、私が使っている石臼式のジューサーがテレビで紹介されたりしているそうですが、私はワイドショーが大嫌いなのでまだテレビで見たことがありません。

Dsc00365

今日のジューサーは、貝印のフレビーナです。スッゴクいいですよ!!

今日の食材は、里芋・人参・リンゴ・新生姜です。

Dsc00361

人参は、犬迫の道端で農家の人たちが無人販売をしています。無人販売と言っても農家のおばちゃんたち(もしかしたら年下かも?笑)がいたら、オマケと言って商品にならない野菜をサービスで頂いたりもします。

Dsc00360
間引いた人参も沢山いただきました。小指くらいの大きさです。

Dsc00363

里芋が入ると、サラサラのジュースにとろみがつきます。里芋に含まれるムチンは胃腸を丈夫にし肝臓にもいい働きをするので、ビールが大好きな私にはピッタリの食材ですね。

今日は今から屋台村行ってきますね~!





2012年11月12日 (月)

石臼式スロージューサー 比較

最近、健康のために酵素を飲む方が増えていますが、一番簡単に酵素を摂取する方法は、生のジュースを飲むこと!です。

でもね、みなさんご存じですか?金属のブレード(歯)の付いたジューサーでジュースを作ると、せっかくの酵素が壊れてしまいます。高速で金属の歯を回す時に発生する摩擦熱で酵素の大部分が壊れるんですって!

金属ブレードのジューサーは、長い時間回して暖かいスープを作る機能もついていたりしますよね?つまり、どうしてジューサーで暖かいスープができるかは摩擦熱のおかげですよ。でもね、摩擦熱は酵素を壊しながらの作業になります。

野菜や果物に含まれる酵素は、42度で壊れてしまうそうですが、以前NHKで70度まで大丈夫です。という放送がありましたが、あれは使われていた食材に含まれる酵素が、たまたま特殊な酵素だったからです。ほとんどの食物は生で初めて沢山の酵素を取ることができます。

詳細は、こちらで詳しくご覧いただけます。

http://tsuru-ppk.com/blog/2012/04/nhk.html

私はこの記事がでる以前から、スロージューサーで朝は野菜ジュースを飲んでいました。

最近は、3台目の低速ジューサーが私の家にやってきたので、それぞれの絞れるジュースの量を比較したり、カスの重さを量ったりして楽しんでいます。(1台は妹の家で活躍しています。)

Dsc00365

左の赤い方は、貝印の低速生絞りジューサーの「フレビーナ」です。

右の白い方は、クビンスの「サイレントジューサー」です。

妹にあげたのは、「ヒューロムスロージューサー」です。どうしてあげたのが、ヒューロムスロージューサーだったのかと言うと、クビンスのサイレントジューサーを買ったので前に使っていたヒューロムスロージューサーをあげたのですが、その後、貝印の低速生絞りジューサーも手に入れたので(香港家庭料理教室で使うために)、私の家には今も2台の石臼式ジューサーがあると言う訳です。

どの石臼式ジューサーも一長一短がありますので、今後、数日に分けて実際に使った私の感想を発表しますね。

3台の低速ジューサーを使った経験から、順位をつけるとすると・・・

①貝印 低速生絞りジューサー フレビーナ    

理由は、国内メーカーだと万が一の故障や、部品の交換が必要になった時の対応が早いから。という事と実際に絞ったジュースの量が多いので。フレビーナをお勧めの1番にしました。

②ヒューロム スロージューサー (今年、新型が発売されている)

③クビンス 低速ジューサー

3台の感想は、どのメーカーの低速ジューサーも、石臼式で食材を押しつぶしてジュースを絞り、ジュースとカスが別々に出てくるのは同じです。普通の高速回転で食材をすりおろしながら脱水と同じ原理でジュースを絞るタイプに比べると、3台ともに絞れるジュースの量の多さと、絞りカスの少なさにビックリです。

金属刃を回転させるタイプのジューサーと比べての、一番の大きな違いは、絞ったジュースの酸化と分離が非常に遅いという事もあります。

果物屋さんの店先で、ジュース用の見切り品のリンゴを絞っても、リンゴジュースの色が「酸化防止剤を使ったの?」って言われそうなくらい綺麗な色なんですよ。

後でリンゴを絞って明日の画像に貼り付けますね。

 

過去のファーム武岡物語のブログ記事は、こちらからどうぞ~!

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/

2012年11月 9日 (金)

黒豆ジュース

急に寒くなったので、毎朝の生ジュースを何か体の温まる物に…と思い、黒豆を一晩水に漬けて火を通しました。茹で汁に漬けて冷蔵庫に入れると保存がききます。

Dsc00327

茹でた黒豆、炒ったアーモンド(無塩)、生姜、これにプレーンヨーグルトと豆乳を加えてブレンダーで攪拌したらOKです。

生姜は体を温めて基礎代謝を上げるので、寒い朝のジュースにはピッタリですよね。

ブレンダーに全部の材料を入れたらブレード(金属刃)をセットしてスイッチオン!

Dsc00328_2


今日のマシーンは、クイジナート製のポータブルブレンダーを使いました。

Dsc00329

金属製の刃物が付いたブレンダーを使うと、スロージューサーで果汁を絞った時に比べると、植物性の酵素が壊れてしまうので、火を通した食材やスムージーにしたい冷凍フルーツを使う場合は、高速ブレンダーを使っています。

ブレンダーも食材や作る量によって、5種類のブレンダーを使い分けています。本来ならば最低1個、もしくは大小1個ずつでいいんですが・・・。料理教室の下ごしらえをするときに使ったりするので、ついつい増えてしまいました。でも、どれも全部箱にしまわずにキッチンに出しているので、どれもまんべんなく使っていますよ。

Dsc00330


スムージー状の黒豆ジュースです。鍋に移して温めて塩コショウしたらスープに変身するので、朝ごはんに合わせてジュースでもスープでもいいですね。

スープにするときは、ヨーグルトは入れずに作ります。

過去のファーム武岡物語のブログ記事は、こちらからどうぞ~!

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/

2012年11月 5日 (月)

花梨(かりん)

我が家の段々畑には色々な果物が、まだ実を付けていない若い木も入れると、100本くらいの果物の木が植えてあります。

その中で、楽しみにしている果物に花梨があります。花梨は喉の薬になるそうなので、毎年完熟花梨を薄切りにして、蜂蜜を加えて冬の風邪予防に使っています。

Dsc00297

今年はあまり実が付いていないので残念ですが、これだけでも十分家族の分は間に合います。


Dsc00298


花梨も樹上で完熟すると自然に落下して、いい匂いがあたり一面に漂っています。これを拾って色々作ります。今年は蜂蜜漬けの他に花梨ジャムを作ってご近所さんにおすそ分けするほどはできないかな~・・・。

過去のファーム武岡物語のブログ記事は、こちらからどうぞ~!

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/
  

2012年10月26日 (金)

紫キャベツのジュース

紫キャベツの紫色は、ポリフェノールの一種・アントシアニンです。

今日はお出かけしていて、1日中コンタクトを着けていたので、目に優しいジュースを何かと思い、アントシアニンのジュースにしました。

冷凍庫には生のブルーベリーが沢山冷凍してあるのですが、気分はブルーベリーではなく、紫キャベツだったのでお夕飯の後に紫キャベツでジュースを絞りました。

アントシアニンって聞いてすぐに思い浮かべるのは、やっぱりブルーベリーですが、紫キャベツも負けていませんよ~

最近ちまたで流行りのフィトケミカルってアレですよ~

と、言う事で・・・紫キャベツ中心のジュースを1杯。

011

紫キャベツ・リンゴ・レモン・新生姜・里芋で作ったジュースの色を見てくださいな、綺麗な赤になりました。
013
コップが400ccも入るので、色が濃く見えるので底に少し残ったジュースでその色を見て下さいな!

014

ねっ!綺麗な色でしょう? 

最近のマイブームは、皮付きの里芋を1個加えることです。

何故かと言うと、里芋の独特のヌメリの成分はムチンとガラクタンによるものですが、ムチンは肝臓強化にガラクタンは脳細胞を活性化させる働きがあるからです。

最近、物忘れがひどいし、チョット飲んだだけですぐに眠たくなるし・・・(苦笑)

毎日ジュースを絞るのなら、毎日のジュースに1個加えるだけなので簡単ですよね。

過去のブログ:ファーム竹岡物語の今月の香港家庭料理教室の様子はこちらからどうぞ! http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/cat702273/

2012年10月23日 (火)

赤い生ジュース

毎朝、起きたらすぐに野菜と果物を絞ってジュースを作っています。

もう何年になるのかな~? 家庭菜園の野菜がないときにはジュース作りが滞ることもありますが、気が付いたら体の調子がイマイチになるので、慌てて野菜ジュースを絞ります。

夏のケールは苦くて飲みづらいけど、冬のケールは甘く感じます。

今日のジュースは、赤ピーマン2個・トマト2個・ピンクグレープフルーツ1個・新生姜1かけらです。

Dsc00092


ピンクグレープフルーツの皮は、輸入品なのでポストハーベストが心配なので、皮は使いません。

ポストハーベストは、収穫後に散布する農薬や防かび剤の事ですが、日本では禁止されていますが外国では時間のかかる輸出品などに使われているので、輸入品の果物や野菜を購入するときには注意してくださいね。

絞ったジュースの量は、400cc入るコップに2人分絞れました。

Dsc00093


パワージューサとの違いは、絞ったジュースが分離しないことですね。

今回、わざと1時間以上放置して変化を見てみました。

Dsc00094

普通のジューサーで絞ったジュースや、ミキサーで攪拌したジュースはすぐにジュースのコップに水分・もろもろの部分・繊維の部分・アワの部分と段々に層ができるのですが、圧縮してジュースを絞る方式だと細胞が壊れないのでジュースが何時までたっても濁りません。

2012年10月15日 (月)

グァバ

我家の家庭果樹園には、まだ結実したことのない苗木を含めると、100本くらいの果樹が色々植えてあります。

収穫できる時期から、梅(7品種)・アンズ(5品種)・スモモ(6品種)・やまもも(2品種)・桃(2品種)・プルーン(2品種)・柿(5品種)・姫リンゴ(2品種)・柑橘類(17品種)あり、その他にも、さくらんぼ・ぐみ・ブルーベリー・ナツメ・グァバ・キーウィと地植え鉢植えと沢山の果物を育てています(殆どがほったらかしですが・・・)。

これだけの量で、台所中がいい匂いです。

P1080607


香港に住んでいた頃に食べていたグァバとは、形も色も大きさも違いますが、味では負けていませんよ。香りは少し負けていますが・・・

さて、これを使ってジャムにしようか?それともジュースを作って好みで黒酢と合わせてドリンクにしてもいいかな?

糖類のストックを見て、後からゆっくり考えることにしました。

とりあえず、重さを量って50%のグラニュー糖をまぶして、今日の作業はお終い。

過去のファーム武岡物語のブログ記事は、こちらからどうぞ~!

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/

2012年10月14日 (日)

朝ジュース

毎朝、家庭菜園で野菜を収穫し、ジュースを絞って飲んでいました。

しかし、今年は自慢の家庭菜園が残念な事になっていて、最近やっと種まきを始めたばかりなので、まだ収穫できるような野菜がありません。

以前は、パワージューサーを使っていましたが、2~3年ほど前からジューサーをスロージューサーに変えて野菜ジュースを作っています。

パワージューサーとスロージューサーの違いは、絞ったジュースをみたら歴然です。

P1080330

画像は新しく購入した、サイレントジューサーです。

スロージューサーよりは干場所を取るかな?でも、気になるほどではありません。パワージューサーよりもだいコンパクトですよ。

それでは早速ジュースを絞ります。

レッドキャベツ・リンゴ・生姜・レモンで作りました。

P1080584


レッドキャベツ200gから170ccのジュースが絞れました。

P1080587


絞ったジュースの色は白いお皿に少し出してみるとよくわかります。

P1080588
最近流行のフィトケミカルって感じの色ですよね。

これにリンゴ・生姜・レモンを絞ってレッドキャベツと合わせたら、全部で400ccくらいになりました。

これを大きなグラス入れてゴクゴク飲んだら、気のせいか?健康になったような気がしてきますよ。同時進行で有酸素運動をしたらいいのですが・・・、辛い運動はニガテです・・・。

過去の香港家庭料理教室の様子は、こちらからご覧いただけます。

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/cat702273/