自家製色々 Feed

2014年7月 6日 (日)

露茜の梅酒

露茜という品種の梅があります。ファーム武岡の家庭果樹園では2本の露茜を育てています。

2009年に種苗登録されたばかりなので、市場にはまだ出回っていない新しい梅ですがネット販売では(冷凍)1キロ1500円くらいで取引されているようです。普通のスーパーで販売されるまでは高値で取引されるんでしょうね。

Dsc02737_1

露茜って完熟すると種の周りまで真っ赤になる梅なんですよ。1粒の大きさも大きくて、1粒70グラム前後あります。

Dsc02738_1

左が小ぶりですが完熟の露茜です。右は完熟の南高梅です。

Dsc02745

今回、露茜と南高梅を半分半分にして梅酒を作ってみました。しまった!最初に氷砂糖が溶ける前に写真撮っていたら比較できたのに・・・、来年はもっと沢山収穫できそうなので色々楽しみです。

2014年6月25日 (水)

露茜(つゆあかね) 

 数年前から、梅の新品種で、露茜という品種を種苗登録される前に予約を入れて育てています。一昨年から満開の花が咲き始めて、今年から本格的に収穫できるようになりました。

市場ではまだ流通していない梅なので知らない人が多いのですが、完熟すると種の周りまで真っ赤になる珍しい梅です。

大きさも南高梅の3Lサイズよりも大きい梅が生ります。

Dsc02706_2 包丁で半分に切ってみたらどのくらい真っ赤な実かよくわかります。比較のために南高梅も一緒に切ってみました。

Dsc02738 完熟の南高梅と一緒にジャムを作ります。

Dsc02722 

Dsc02739

口当たりをよくするためと、自分の好みで南高梅も露茜も皮を湯むきしてジャムにします。

今日の作業は皮をむいて5分煮込むところまでです。

続きは明日・・・。

ちなみに露茜で作っているのは、梅酒・梅ジュース・梅味噌とお試ししています。

2014年3月12日 (水)

紅ボンタンを使って

Dsc02438_1_2

冬の保存食作りの中で、漬物は母に任せて、私はジャム仕事やグラッセ仕事に大忙しです。

樹上で完熟した柑橘類が落下して、あたり一面いい匂いがしています。

今日の仕事は紅ボンタンの皮を使ったピール作りです。

紅ボンタンの紅の濃さは皮をむかないとわかりません。

Dsc02432_1

Dsc02433_1_2

他の紅ボンタンを2つ割りにしてみました。こんな色の果肉です。

Dsc02435_1

文旦類は皮が分厚いのでピールを作るのは簡単にできます。

先日、紅甘夏のピール作りで紹介したように、茹でこぼしで苦み抜きをするのですが、ボンタンの皮は意外に苦みが抜けやすいので、苦みを残したピールにするなら茹でこぼしをするときに気を付けてくださいね。

今回は、お砂糖を加えて煮詰めたあとにオーブンで軽く乾燥させて、セミドライに仕上げました。お砂糖はまぶさずに仕上げました。

Dsc02466

同じ木に生っていた紅ボンタンなのに、紅の綺麗なピールもあるし、紅の付いていない黄色のピールもありますが、これは好き好きですね。

 

続きを読む »

2014年2月 5日 (水)

紅甘夏を使って

 畑の晩柑類が収穫時期を迎えています。

基本的には、樹上で完熟して落下した果物を拾って食べるのですが、今回はまだ木に生っている紅甘夏を収穫して、皮を使って砂糖漬けを作りました。

Dsc02424

皮をむいて好みの太さに切ったら、水から火にかけて沸騰したら2~3分茹でて、ザルにあけてまた水から茹でて・・・と、アク抜き(苦み抜き)をします。好みで2~3回茹でこぼすと苦みが抜けますよ。

Dsc02416_2

最初はプカプカ浮いていますが、茹でこぼしを繰り返すと白いワタの部分が透明になってきます。最後の茹でこぼしの時は、皮が軟らかくなるまで煮込みます。

Dsc02418_2 これで2回茹でこぼしました。白いワタの部分も綺麗な色になっています。これをザルにあけて重さを量ったら、80%のお砂糖を準備します。お砂糖は好みでどのお砂糖でもいいですが、綺麗な色を残したかったら上白糖かグラニュー糖がいいですね。ちなみに我が家では上白糖は置いていないのでグラニュー糖を使います。それにグラニュー糖は先日30キロまとめ買いしてあるし・・・ coldsweats01

Dsc02420_2 お砂糖をまぶしたら、そのまま火にかけます。お砂糖が溶けて水分が出てくるので水は一滴も入れません。沸騰したら5分くらい煮込んでそのまま一晩ねかせます。(私の作り方です。蜜をじっくり含ませるコツですよ)

Dsc02419_2 翌日、火をつけて残りの蜜を煮含めるように煮込んでいきます。水分がほとんどなくなる頃には蜜が染み込んで綺麗な色に仕上がっています。

Dsc02467 これを小分けにしてジプロックの袋に入れて冷凍保存して、必要なときに解凍してグラニュー糖をまぶしたら、1年中いつでも夏ミカングラッセができますよ。

私は、冷凍保存ではなくシロップ漬けにして脱気して保存しています。1~2年後は熟成して色が変わってしまうけど、お菓子作りやフルーツソースとして活躍してくれる保存食です。

我が家では、家庭菜園も家庭果樹園も農薬を一切使わないので、スーパーで見かけるような綺麗な野菜や果物は手に入りません。残念な事に皮が使えない部分もありますが、そんな皮は黒い部分を取り除き刻んでジャムに仕上げます。

Dsc02421_3 今回のジャムは、紅甘夏の皮の切れっ端に、ピンクペッパー・月桂樹の葉・カルダモン・クローブを入れて香りを付けました。ジャムじゃなくて蜂蜜くらいの濃度のトロトロシロップにしました。

 

 

 

 

続きを読む »

2014年1月21日 (火)

あまり物でも立派に変身!

先日は、香港家庭料理教室で使うオレンジコンフィを作りましたが、オレンジコンフィは輪切りのオレンジで作ったので、オレンジの輪切りを作る時に切りそこなった部分や、残った上下を使って、オレンジマーマレードを作って持っていきました。

Dsc02352_1

丸ごとのオレンジを煮た後に切り落としているので、すでに少しは柔らかくなっています。

Dsc02356_1

ヘタとお尻の部分だけですが、極上マーマレードができますよ。正味量を量って60%くらいのお砂糖を準備します。最初に30%のお砂糖を加え5分くらい煮てピッチリとラップして空気に触れないようにして一晩おきます。 翌日、残りのお砂糖を加えて皮が好みの柔らかさになるまで煮て(このままでよければ煮なくてもOKですよ)

ラップをしてさらに一晩寝かします。さらに翌日バーミックスで好みの大きさにつぶして、香りを付けるためにクローブ・カルダモン・ピンクペッパーを加えてひと煮立ちさせたら出来上がりです。

Dsc02372_1

香辛料を足して香りを付けたジャムやマーマレードは、すぐに食べないで半年くらい寝かせてあげると、香りが強くなってまた違った美味しさに変身します。

お砂糖をじっくり含ませるために、一晩寝かすを繰り返していますが、冷めたらすぐに次の作業に入っても構いませんよ。こだわらなければ1日で出来上がります。

これから晩柑の季節がやってくるので、レモン・金柑・シークワーサー・スイートスプリング・サワーポメロ・甘夏・八朔・紅ボンタン・チャンドラポメロ・・・と、家庭果樹園で収穫できる柑橘類で趣味の保存食作りが忙しくなりそうです。

今年も豊作でありがたいですね~

続きを読む »

2013年12月17日 (火)

シフォンケーキ

昨夜は晩御飯が済んでから、今日の朝ごはん用に蜂蜜レモンシフォンケーキを焼いていたので、朝からケーキです。

丁度、メレンゲとレモン生地を混ぜるときに、主人から国際電話が入り、「悪いけど、ケーキ作っているからまた電話してね」って断って coldsweats01 

家庭菜園のレモンが豊作で、毎日のサラダドレッシングは添加物なしの、レモン汁とレモンの皮に塩コショウとオリーブオイルだけのシンプルドレッシングを作っていましたが、グリーンレモンが終わって、いよいよ黄色のさわやかなレモンが収穫できるので、いつものシフォンケーキにレモンを入れて作りました。

Dsc02277

ケーキを型から外して画像は撮ったのに・・・カットしてカスタードクリームと蜂蜜レモンの輪切りを添えた画像は、食べちゃってから思い出しました・・・

シフォンケーキの王道はプレーンですが、たまに食べる抹茶や紅茶やレモンは美味しいですね~ heart04

2013年12月16日 (月)

無農薬レモン

自宅の畑の隅っこにレモンの木があります。

グリーンレモンの収穫が終わり、そろそろ黄色のレモンが収穫できそうです。

Dsc02274

グリーンレモンの時には、あまり気が付きませんが、熟したレモンは完全無農薬と手入れの悪さから、皮に黒いシミが沢山あります。

でも、私は気にせずに使っていますよ。

今も、蜂蜜たっぷりの、蜂蜜レモンシフォンケーキを焼いています。

家中に甘くていい匂いがしています。一晩冷やして明日起きたら、レモンを絞ってアイシングを作り、朝ごはんに食べよ~!!

2012年12月13日 (木)

ジューサーの比較 (リンゴ)

ネットショッピングで青森のリンゴを1箱買ったので、今朝はリンゴジュースです。

石臼式ジューサーで絞ったリンゴジュースと、ミキサーで作ったリンゴジュースを比べてみました。

スロージューサーで、芯と種を取り除いて絞ったジュースは変色していません。

Dsc00464


りんご100%で、酸化防止用のレモン汁も加えていません。美味しい~!

次に、テレビの通販番組でお馴染みのマジックブレッドのミキサーでリンゴジュースを作ってみました。実はこのミキサーは本当に便利で、一人分のジュースを作ったり、少量のお肉をミンチにしたり、少量の山芋をおろしたりと、とても便利なミキサーですが、サラサラのジュース作りには向いていません。

Dsc00467_2

どちらのジュースが好みかは、人それぞれですが、マジックブレッドは夏場のスムージー作りにはおすすめですよ。あくまでも一人分を作る場合です。

沢山のスムージーを作る場合は、ラッセルホブスのパワーブレンダーが一番のおすすめです。ラッセルホブスのパワーブレンダーでナッツの入ったジュースを作った時やゴボウスープを作った時の、粒粒の残らない滑らかな口当たりには感激しますよ。

Dsc00467


ミキサーで攪拌するには、水分を足さないとジュースができません。なので若干ではありますが、100%ではありません。

食物繊維がたっぷりですが、食物繊維は水溶性もあるので絞ったジュースにも食物繊維は含まれています。

私は、熱を加えた食材(大豆や黒豆や小豆など)を使う場合は、ミキサーにかけることが多いんですが、生の野菜や果物はスロージューサーで絞ることにしています。

過去のファーム武岡物語のブログ記事は、こちらからどうぞ~!

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/

Dsc00467


Dsc00466_2


2012年12月 2日 (日)

スロージューサーでケールを絞る

我が家には3台のスロージューサーがあります。

Dsc00694


ジュース受けと、絞りカス受けは同じような作りなので外して画像を取りました。

左から、ヒューロム・貝印・クビンスと各社とも同じような形ですが、それぞれに少しずつ特徴が違います。

使い勝手は? ほとんど同じかな~?

共通点は? 金属の刃が無くて石臼式で野菜や果物を圧縮して絞る。

特徴は? 野菜や果物に含まれている酵素やビタミン類が壊れにくい。

スイッチは? 前にあるか後ろにあるかだけの違い。

ジュース・カス受けは?前か、横か、両脇にあるかの違いだけ。

後片付けは?金属刃のジューサーに比べて非常に楽!!  ここ大事!!

今日は、真ん中の貝印のスロージューサーでケールを絞りました。

Dsc00706

ケールは、畑に植えて完熟たい肥をたっぷりあげると、1枚の葉っぱの大きさが、座布団くらいの大きさになるんですが、今年はプランターで細々と育てています。

ケール・キャベツ・リンゴ・柿を適当な大きさにカットしてジューサーで絞ったら出来上がり。

Dsc00707
完熟の柿を一緒に絞ったので、ジュースにとろみが出て、冷たくて甘いポタージュスープのようでした。

「うぅ~ん・苦い!」でお馴染みの?まずい!だっけ?ほとんどの健康食品の青汁は、ケールだけでは苦くて飲めないので抹茶や大麦やその他の食品を配合して飲みやすく作ってあるけど、冬場のケールは甘くて美味しいですよ。

朝、健康のためにジュースを飲んでいらっしゃる方は、植木鉢に1株ケールを育ててみてはいかがですか?

過去のファーム武岡物語 家庭菜園のブログ記事はこちらです。
 http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/cat702247/


   
 

2012年11月27日 (火)

炭火で焼き椎茸

もうでないかな?と思っていた椎茸の原木から、シイタケが出ていましたよ。

Dsc00423
肉厚で美味しい椎茸ですよ。手のひらくらい大きな椎茸もありました。

火鉢で炭を熾しているので、さっそく焼いて食べました。

Dsc00460

残りは縁側で干し椎茸です。

過去のファーム竹岡物語 家庭菜園のブログ記事はこちらです。

http://mutsumi4u.synapse-blog.jp/ikeda/cat702247/